そらいろ絵本 | カメラママンのチューリップ
FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
2007.04.13(Fri)

カメラママンのチューリップ





kissDN+EF100mm F2.8(F2.8)

普段一眼レフカメラで写真を撮るのはパパです。
わたしより色も構図も上手で大好きなのだけど・・・
楽しそうに撮ってるのを見るとわたしもやってみたくてウズウズしちゃう!
というわけで、パパからカメラを奪って撮ってみました

ほかにもいっぱい撮ったのだけど
ピントが合ってなかったりパパの顔が切れてたり
いまいちなのばかりでした~
普段から撮ってるひとには敵わないわ。

この花のテーマパークはチューリップが満開
強い香りと色とりどりの花、そしてたくさんの人であふれていました。
板でできた道はでこぼこで、ときどきベビーカーがつまづくのだけど
さっと手を貸してくれるかたが何人もいて嬉しかった~!

それから、香りをかがせようとそらをお花に近づいたら・・・



両手でチューリップをガシッ!



びっくりしました。
いつのまにか目の前の物に手を出すようになったみたい。
もう雑貨屋さんには行けないなぁ。
(ママ)
関連記事

この記事へのトラックバックURL
http://sorahon.blog79.fc2.com/tb.php/180-e7be7344
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
昨日、能登の震災ボランティアから帰ってきました^^
全身筋肉痛で動けません(笑)

チューリップ綺麗ですねー♪
もうすっかり春ですなぁ~

レヴ at 2007.04.14 01:36 [編集]

>レヴさん
おかえりなさ~~~い♪
どんなことがあったのかお話聞きたいわ
筋肉痛になるってことは・・・力使ったりもしたのかな

お花畑はちょっと遠いけどお気に入りの場所になりました♪
おおきな花畑って写真撮るのにいい☆

春はいいね。大好き!
夏もいいけどね。秋も冬もいいけどw

そらママ at 2007.04.14 14:24 [編集]

震災の現場では、誰でもできるような作業の方が需要は大きく、毎日ガレキの撤去やらゴミの撤去&分別、傾いた家の中の家財&家具の移動etc・・・をしてました。瓦屋根で土壁の古い家が多く潰れたり傾いたりして住めなくなった家がいっぱいあって、入り組んだ小さな小道とかは重機も入れず人間の地道な作業しか無いですからね。

資格を持っているので、介護と保育の専門的なボラの仕事が有ったら℡しますと言われながらも、地元のボランティアで専門分野は十分人員が足りてるようでした。

今回は一部の地域に被害が集中しすぎて、メディアがあまり震災のことを取り上げない影響なのか、県外からのボランティアが少なくて、残念でした。

避難生活も大変そうで、何と声を掛けてよいやら、「がんばって下さい」なんてありきたりな声掛けしかできませんでした・・・

ボランティアセンターでは毎日色々な人が出入りしていて、曹洞宗のお坊さんのグループやら天理教等の宗教の人たちもいれば、北陸電力やら能登信用金庫等の地元企業がどっと来たりもしていたり、わたしのように個人的に来てる人も居ました。個人は圧倒的に関西人が多かったです。さすがに他人事じゃないって思いが強いんでしょうね。

毎日通うボランティアセンターまではとても不便で、その日に知り合ったボランティアの仲間に送迎してもらったりして、毎日様々なことで助けられて居ました。こういう交流をしていると、人の優しさ有難味をとても感じて、その分を被災者に還元しなきゃって思えたりして、わたし自身とても色々感じることが多くて実りの多い体験でしたよ(^^)

レヴ at 2007.04.15 11:46 [編集]

>レヴさん
わわわ!!それで筋肉痛に!
みんな人の手で片付けるなんて・・・(>_<;)
力持ちさんが大活躍ね
専門分野は地元のかたで足りてるんだ~
だれでもできるような作業のが多いのは意外!
ボランティアおつかれさまでした
ほんと人ごとじゃないよね
わたしだっていつ震災にあうかわからないもの
ほんとおつかれさまでした!
(地元のひとたちはまだまだ復旧に時間かかるんでしょうけど。。)
おかえりなさい、ゆっくり体やすめてね

そらママ at 2007.04.16 08:16 [編集]

管理者にだけ表示を許可する